CPC広告|1クリック単価1円への挑戦

1クリック単価は大切です

1クリック単価は、非常に重要だと思っています。特に、小さい会社・お店では。

ネットの記事では、「1クリック100円」なんて話もたくさんあります。しかし、中小企業、特に、小規模な会社や事務所に、こんな単価を放置しておけるでしょうか。

今時、競争が激しく、問い合わせが即受注につながるとは言えません。100クリックで1つ、案件化できる保証はありません。競争の激しいサービスでは、毎日数千円の予算のまま放置しておくのも、気が重いと思います。

fae7e710baf6161e2a3a168c29fe3688_s
CPC広告への目覚め

ところで、自分が初めてインターネット広告を始めたのは、従業員が開いた『社会保険労務士事務所』の、ホームページ経由の集客からでした。

従業員の給料を稼がねばなりませんから、受注を増やしたい。そのための策として、ホームページの作成とCPC広告を考えました。

当時の1クリック単価は、20円を少し超えるぐらい。毎日のように問い合わせがあり、十分集客できていたので、良い施策だったと思えます。

420af7fb6075f8a2acb489a24b7481d7_s
1クリック10円以下が目標

その後、自社のホームページをいくつも作りましたが、安定して30円を切ってくれるホームページはありませんでした。「やはり、『社会保険労務士事務所』という肩書の評価が、広告エンジンにとっても重要なのかなぁ」などと考えながら、年月が過ぎました。

ところが、いま私の記事は、コンスタントに1クリック単価10円以下のコストになっています。2019年の春ぐらいから、自分のスキルにイノベーションが起きたみたいです。

ご覧ください、1クリック1円

[補助金]・[助成金]も1クリック1円。[ホームページ]なんていう、競争の激しい単語でも、1クリック1円。

いちおう補足しておきますと、もし『1.1円』だったら、クリック数と合計コストは一致しません。だからこれは、純粋に1クリック1円なんです。

こうなると、広告費なんて、あってないようなものですね。コンバージョンはまた別の話ではあるのですが、それでも「放置しておこう」と思える額になっています。

de5c483d03764e7758a3d656c9cf1ad9_s
安い1クリック単価の”真価”
  • 大切なのはコンバージョン
  • 文章なんて、読んでもらえない

多くのウェブ制作会社の人は、そのように言います。しかし、中小企業は絶対、1クリック単価の安さにこだわった方が良いのです。

1クリック単価が高くては、気軽なチャレンジがしづらくなってしまいます。チャレンジがしづらいという事実は、企業の成長を妨げます。

だから、1クリック単価の安いページ作りに、普段から取り組んでおくべきなのです。

fd2a26a3b430115209aadaa35e08d5e7_s
補助金を活用して、整備していく

1クリック単価の保証はできません。競争相手のいることです。いったん安くなっても、安泰ではありません。

だからこそ、普段から、コンテンツ作りを頑張っておくべきです。ポイントを掴み、”ウェブサイト”という枠組みとして、活用・育成しておかなければなりません。

コンテンツの質は、商品・サービスの理解度と比例します。そういう意味で、私の場合、多くの商品・サービスに対して、経営コンサルタント・責任者として取り組んできたことが、ウェブ制作に非常に活きていると思います。

ぜひ、皆様のコンテンツ作りを、お手伝いさせて頂けませんか?補助金を使えば、非常に安く取り組めます。そういうことも含めて、総合的にご提案させて頂きます。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ち申し上げます。

Share By SNS