補助金を併用するポイント

これから独立しよう、会社を設立しようとするなら、創業融資の検討に合わせて、創業系補助金、小規模事業者持続化補助金の申請が必須です。

なお、補助金を同時に複数併用する場合には、同じ内容の申請はできません。内容が重ならないように、上手に計画を立てなければなりません。

お勧めパターン
  • 創業補助金では、家賃と改装を中心に申請するのがお勧めです。
  • 小規模事業者持続化補助金では、ホームページ制作や地域への販促活動を中心に申請するのがお勧めです。

従業員の流出を避けたいなら、子会社を作って、そこの代表者に座らせる形がお勧めです。補助金の活用などの資金メリットで、何とか上手に引き止めましょう。

上手なコーディネイト
  • 仮に元・従業員が代表者になっても、その代表者を解任するなどの支配権は、株式を保持している人にあります。

何らかの形で、創業補助金・事業承継補助金が使えないかは、非常に重要です。この2つは、家賃まで補助の対象にすることが可能です。きちんと検討しておきましょう。

補助金の上手な併用
  • 100万円かかる工事と50万円かかる工事があるとします。
  • 100万円の方を、小規模事業者持続化補助金で申請してしまったら、実質補助が2分の1しか受けられず、少し損かもしれません。
  • 高額なものは、創業・事業承継補助金の方で申請しておきたいところです。

補助金は、予算も実施期間も限られています。併用するにしろ、しないにしろ、上手に計画しなければなりません。

また、重なる内容を、別の補助金と合わせて受給することはできません。一つ間違えれば、返金になる可能性すらあります。補助金を併用する場合には、ウェブ施策の計画は、丁寧に組み立てなければなりません。

上手な予算組み
  • ホームページだけ作っても、ウェブ広告を実施しなければ、集客はほとんど増えないことに注意です。
  • 多くの事業者は、ホームページ制作費ばかり考えていますが、まずはウェブ広告費から予算を組みましょう。
  • 予算の残金で、ホームページ・ランディングページの予算を考えましょう。

アルバイトの人件費は、創業系補助金・小規模事業者持続化補助金・事業承継補助金の3つの、どれでも申請可能です。

また、正社員を増やそうと思うなら、正社員雇用が要求される創業系補助金に加えて、厚生労働省の助成金(キャリアアップ助成金)なども併用できますから、実施時期などを上手に検討したいところです。

上手な併用方法
  • 創業・事業承継は、家賃が補助対象になりますから、家賃をベースに、計画を考えます。予算が残らないなら、人件費を入れておく必要もありません。
  • 小規模事業者持続化補助金は、通常、上限が50万円と少額です。フルタイムで雇用する人の人件費をこれで申請すると、他のことにお金を使えず、ちょっともったいないかもしれません。

ものづくり補助金は、1点100万円以上の設備投資が対象となります。

補助金活用の考え方
  • 40万円程度のものと100万円のものがあるなら、補助金を申請して、100万円のものを狙いましょう。
  • 性能的には、100万円の物の方が、遥かに役立つはずです。
  • 補助金申請などの報酬を払ったら、トントンか、支出が多少多くなっている場合もあるかもしれません。
  • しかし、補助金でランクアップした方が、長い目で見てプラスになるのではないでしょうか。
併用できる場合の考え方
  • 同じような内容で、複数の補助金を申請しておいて、通ったものを使うということも不可能ではありません。
  • しかし、せっかくなら設備投資後の販促も視野に、設備投資はものづくり、その他の費用は別の補助金という形で申請しておくことがお勧めです。