定番補助金の比較

定番補助金の概要

創業系補助金
  • 補助金の上限は通常200万円です。
  • 類似の制度で、『東京都中小企業振興公社』という機関が出す『創業助成事業』は、上限が300万円です。
  • 家賃など、幅広い経費が補助対象になるため、補助されれば大きいです。
  • 2018年頃より、国の『創業補助金』は、東京都の採択数が10件程度となるなど、狙いづらくなっています。
小規模事業者持続化補助金
  • 上限は通常50万円(最大100万円)となっています。
  • 中小企業・店舗向けの補助金です。正社員20人以下(業種によっては5人以下)の会社・店舗が対象になっています。
  • 補助の対象経費も幅広く、書籍なども対象になります。
  • 毎年申請でき、複数回採択されることも可能なので、毎年狙っておきたいです。
ものづくり補助金
  • 設備投資や新商品・新サービスの開発などに対し、最大1000万円の補助が受けられます。
    (小規模事業の場合500万円)
  • 100万円を超える投資のみ、対象となります。
  • 『設備投資』に比べれば、『新商品・新サービスの開発』は、数値の説得力を示しづらく、少しハードルが高めかもしれません。
事業承継補助金
  • 通常上限200万円、会社・店舗の閉鎖を伴う場合に上限500万円の補助が受けられます。
  • 対象となるのは、代表者の交代や、事業の譲渡です。
  • 代表者の交代・事業の譲渡から5年程度は申請できるため、通るまで何回でもチャレンジしたい補助金です。
  • 応募数が少ないため、採択率が高く、対象になるなら絶対に申請したい補助金です。

定番補助金比較表

創業系持続化ものづくり事業承継
通常200万円通常50万円通常500万円通常200万円
最大200万円最大100万円最大1000万円最大500万円
創業5年以内毎年毎年承継後5年以内
家賃 ○家賃 ×家賃 ×家賃 ○
ウェブ ○ウェブ ○ウェブ(※注)ウェブ ○
書籍 ×書籍 ○書籍 ×書籍 ×
改装工事 ○改装工事 ○改装工事 ×改装工事 ○
試作・開発 ○試作・開発 ○試作・開発 ○試作・開発 ○
難易度 高い難易度 低い難易度 普~高難易度 低い

(※注)について

  • 『ものづくり補助金』では、ウェブの制作自体を補助対象とすることはできますが、「集客用ホームページ・ランディングページを作りたい」という一般的な内容では、通常申請に通りません。
  • 今までにないホームページ・ランディングページにおける取り組みで、それが革新性を持つような場合であれば、申請に通る場合があります。