補助金採択後の流れ

補助金採択後の流れ

交付申請(計画書の修正等)を行う

  • 採択だけでは、『補助金を使う権利』は確定しません。
  • 『交付決定通知』が届く前に使った経費は、『事前着手申請』といった特例がない限り、補助対象となりません。
  • 補助金を、早く、有効に使えるようになるためには、早く『交付申請(計画書の修正等)』を行う必要があります。
1

経費を適切に使う

  • 『交付決定通知』が出たら、経費を使い始めます。
  • 経費は、自由に使えるわけではありません。『実績報告の手引き』などを確認しながら、必要な証拠を揃えながら使います。
    ※『実績報告の手引き』を無視した使い方や、必要な書類が揃っていない場合、補助金の減額や、不支給となる場合があるため、注意が必要です。
2

『実績報告書』を作成・提出する

  • 使った経費を集計し、『実績報告の手引き』等に従って書類を作成し、事務局に提出します。
    ※提出期限は、通常、計画終了から10日程度と短いです。準備は早めに始めましょう。
3

事務局からの修正指示等に対応する

  • 『実績報告書』の内容について、事務局から、以下の連絡があります。
    • 内容確認
    • 修正指示
    • 書類の追加提出指示
  • これらに対応しなければ、補助金額が確定しません。なるべく早めに対応しましょう。
4

補助金額の確定と振込申請

  • 実績報告書の修正等が完了すると、補助金額の確定連絡があります。
  • 確定した補助金額について、振込申請を行います。
  • 振込申請から1~2か月程度で、補助金が国から入金されます。
5

Share By SNS

補助金 無料相談 仮登録

無料相談 仮登録

無料相談を希望する方は、
まずはメールアドレスをご登録ください。

    ■ E-mailの仮登録


    注意 PCメールが届くものをご記入ください。icloudメールにつきましては、icloudのメール容量の制限により、メールが届かない場合があるようです。メールが届かない場合には、他のメールアドレスをご利用頂ければ幸いです。

    ■ スパム対策


    ヒント ある虫の名前と同じです。

    中野駅北口 徒歩5分
    リモート体制のため完全予約制

    TEL:070-8308-9097
    こちらは自動音声となります。
    お問い合わせは、
    お問い合わせフォームよりお願い致します。

    事務所案内(補助金相談はこちらへ)

    事務所案内