計画書の作り方|ものづくり補助金|計画書の全体像

ものづくり|計画書の全体像

その1.『補助事業の具体的取り組み内容』

  • 今までの取組みの経緯・内容
  • 今回の補助事業の必要性
  • 課題を解決する工程ごとの開発内容
  • 材料や機械装置等
  • 具体的な目標
  • 具体的な達成手段
  • 機械装置等の取得時期
  • 技術の導入時期
  • 差別化・競争力強化の方法や仕組み
  • 実施体制
『取り組み内容』についての補足
  • ここで記述したいことは、「こういうことを実現する」ということです。
  • まずは、プロジェクトの背景を説明します。今までどういう取り組みをしてきたのか。今後どういう風に成長したいのか。本プロジェクトの妥当性を示します。
  • そして、革新性もしっかり主張します。現状課題となっていることは何か。それをどうやって克服するのか。どうなれば成功といえるのか。差別化・競争力強化の度合いはどの程度か。どういうプロセスで、どれくらいの期間で実現できるのか。それぞれ、丁寧に見積もります。
  • 机上の空論ではいけません。どういう体制だから実現できるということもきちんと書いておきます。

その2.『将来の展望』

  • 具体的なユーザー
  • 具体的なマーケット
  • 具体的な市場規模
  • 価格的・性能的な優位性
  • 収益性
  • 成果の事業化見込み
  • 目標となる時期
  • 売上規模
  • 量産化時の製品等の価格
『将来の展望』についての補足
  • ここで記述したいことは、「だから、このプロジェクトは成功する」ということです。
  • どんなユーザーが、どんなマーケットにいるのか。どれぐらいの売上・利益につながる予定なのか。市場の動向など、丁寧な分析に基づく根拠を記述します。
  • また、競争環境についても、きちんと検討しておきたいところです。何がポイントとなって、競合に対して優位性が保てるのか、きちんと説得しましょう。
  • なお、実現するための経費も、しっかり検討しておいた方が良いでしょう。利益・費用対効果につながる内容です。整合性があるように、しっかり組み立てたいところです。

Share By SNS