計画書の作り方|事業再構築補助金|計画書の全体像

再構築|計画書の全体像

1.会社概要
  • 会社の沿革と業務内容
  • コロナ禍における会社の対応
  • 旧事業の今後の展望 他

まずは、自分の会社がどのような会社なのか、丁寧に説明します。そして、どうして再構築が必要になったのかについても、申請要件に配慮しながら説明します。

2.事業再構築の概要
  • 再構築の内容
    • 新サービスの概要
    • 3要件についての説明 他
  • 再構築の必然性
    ※SWOT分析等にも配慮
  • 新規事業の課題と解決方法

まずは、どのような『再構築』を行うのか、きちんと説明しておきます。加えて、『SWOT分析』などを駆使し、課題などを網羅的に分析することで、『再構築』の適切性・正当性を説得します。

3.将来の展望
  • 市場の動向
  • 事業化に向けた戦略
  • 事業化の見込み

『再構築』の事業が、どうして成功するのかについて、計画の詳細を記載します。具体的には、価格戦略・集客戦略など、新事業に必要な要素を、丁寧に1つずつ潰していきます。

4.収支計画等
  • 実施体制
  • 資金調達計画
  • スケジュール
  • 収支計画 他

自社のリソースをどのように活用するのか、資金は足りるのか、どのようなスケジュールになるのか、丁寧に記載します。加えて、事業自体の収益性を、丁寧な数値分析で説得します。

Share By SNS