補助金選びのポイント|スケジュールを丁寧に組む

スケジュールを丁寧に組む

原則、交付決定以降

補助金は、通ったらすぐ使い始められるわけではありません。さかのぼって申請できる特殊な補助金以外、『交付決定』が出るまで、発注・支払等を行うことができません。

その、『交付決定』が出るまでの期間ですが、以下のようになっています。

  • 計画申請から発表まで2か月程度
  • 発表から補助事業開始まで1か月程度

つまり、計画を申請し、設備の購入等をできるようになるまで、3か月はかかると考えなければなりません。早く購入したい設備や取り組みは、もしかすると補助金申請に向かないかもしれません。

入金までが長い

補助金は、通ったらすぐもらえるお金ではありません。

『採択』『交付決定』の後、取り組みを実施し、経費を支払い、それを集計して、『実績報告』をする必要があります。『実績報告』の後、数か月後に補助金が入金されます。つまり、計画の申請から入金までは、1年以上かかるケースが少なくありません。

経費は先払いになります。そのため、経費支出を試算せずに補助金を申請しても、補助金は使いきれません。

融資が受けられれば…

補助金の交付決定後、補助金実施のための融資を受けることができれば、経費支出の問題は楽になります。『補助金が入金されたら返済する』ような借り方がベストです。

ただし、昨今、補助金の入金に時間がかかるケースが増えています。余裕のある返済スケジュールになるよう、気を付けなければなりません。結局、やはり、スケジュールの理解は重要なのです。

Share By SNS

補助金 無料相談 仮登録

無料相談 仮登録

無料相談を希望する方は、
まずはメールアドレスをご登録ください。

    ■ E-mailの仮登録


    注意 PCメールが届くものをご記入ください。icloudメールにつきましては、icloudのメール容量の制限により、メールが届かない場合があるようです。メールが届かない場合には、他のメールアドレスをご利用頂ければ幸いです。

    ■ スパム対策


    ヒント ある虫の名前と同じです。

    中野駅北口 徒歩5分
    リモート体制のため完全予約制

    TEL:070-8308-9097
    こちらは自動音声となります。
    お問い合わせは、
    お問い合わせフォームよりお願い致します。

    事務所案内(補助金相談はこちらへ)

    事務所案内