受給までの流れ<全体像>|ものづくり補助金

受給までの流れ<全体像>

計画申請まで

申請はオンラインのみとなります。オンライン申請のためのアカウントを作成しましょう(所要時間10分程度)。

様々な加点があると言っても、採択のポイントはやはり計画書です。添付書類などをしっかり作りこみ、万全の計画書を作成します。

郵送で申請する場合、印刷・ファイリングが大変です。非常にかさばりますし、郵送費もかかるので、もし電子申請できるなら、電子申請をお勧めします。

補助金採択後

採択通知書交付決定通知書

採択されたらすぐスタートできるわけではありません。『交付申請』という書類を送り、『交付決定通知書』を受け取って、初めて経費を使い始められます。

見積書発注書請求書
支払明細完了報告書 又は 完成写真

基本的に、補助金計画の通りに実施します。

各書類は、指定する形式になっていなければ、補助金の対象になりません。何をどのように実施するかによって、準備する書類が変わります。必ず案内冊子を読み、事務局に問い合わせて実施しなければなりません。

事務局から、進捗状況等の報告を求められます。

こう書くと、『公的権力による調査』のように聞こえるかもしれませんが、そういう性質のものではありません。

不安がないか、書類の不備がないか、適切に実績報告できそうかということを、事務局が気にかけてくれている性質のものです。

計画に合わせて、経費に関する資料や成果物をまとめ、事務局に提出します。期限を過ぎてしまった場合には不支給になってしまいますから、期限には気を付けます。

修正が必要な場合には、修正・補正の連絡があります。

落とすための審査・連絡ではありません。きちんと対応すれば、認定されることが大半です。ですから、丁寧に誠実に、しっかり対応しなければなりません。

修正が完了すると、補助金確定額についての書類や、振込先を指定するための書類を受け取ります。これを送付すると、しばらくして補助金が入金されます。

申請相談・お問い合わせ 仮登録

本『仮登録』は、スパム防止のために実施しております。本『仮登録』を送信すると、相談・お問い合わせのリンクが記載されたメールが、すぐに送信されます。メールが届かない場合には、以下の2つをご確認くださいませ。

  • PCメール受信拒否設定になっている
  • 迷惑メールフォルダに入っている

    ■E-mailの仮登録

    ■スパム対策


    Share By SNS