『経費計画』の検討材料

『経費計画』の検討材料

『ウェブ施策』は最重要

なぜ必須なのか
  • 小規模事業者持続化補助金は、『集客強化』のための補助金です。
  • 実際には『ウェブ集客』に頼っていない/頼る気がないとしても、『ウェブ集客』を完全に無視して、『集客』の必要性・真摯さが伝わるでしょうか。
  • 『ウェブ集客』の検討の検討がなければ、説得力はだいぶ弱い計画書になってしまうと考えられます。
『ウェブ施策』の必須項目
  • 『ランディングページ』による成約強化
  • 『ウェブ広告』による露出強化

『地域販促』も必須

なぜ必須なのか
  • 小規模事業者持続化補助金は、『集客強化』のための補助金です。
  • 集客を考える場合に、『地域密着』は重大な要素です。
  • 計画書の説得力を高めるためにも、『地域販促』をきちんと検討しておきます。
『地域販促』の検討項目
  • 『新聞折込広告』『ポスティング』による集客強化
  • 『ティッシュ配布』やその他の『ノベルティ配布』などによるに集客・成約強化

『人件費』は雇用の仕方に注意

基本はパート・アルバイト・契約社員
  • 契約期間を『補助対象期間』内に設定し、『補助対象業務』を実施してもらう場合、『補助対象期間』内に支払った人件費は、補助対象となります。
  • 正社員のみ、対象になりません。ご注意ください。
『各種保険』は必須ではありません
  • 保険は必須とされていません。
  • なお、公募要領には、『社会保険を適用させ正規型の従業員として雇い入れる場合等には、補助対象となりません』と書かれていますが、事例によって判断が大きく異なるようです。
  • 採択・交付決定後、実際に雇い入れる際に、どのような形なら対象となるか、事務局に相談しながら雇用すると良いでしょう。

『物の購入』は公募要領を確認

どんな視点で洗い出すのか
  • 事業に必要なものは、基本的に全部書いておきたいです。
  • 会議用デスクやソファなど、冷蔵庫など、思っているよりも、多くのものが対象になります。
  • 一方で、パソコンやタブレットなど、『対象外』と明記されているものもあります。
  • 以下の公募要領の記載を参考に、分からなければ気軽にご相談ください。