業種別人数制限の考え方

業種別人数制限の考え方

人数制限の全体像

原則的な考え方

商業・サービス業宿泊業・娯楽業製造業・その他
正社員等5人以下正社員等20人以下正社員等20人以下

※注意

  • 飲食店・美容院・小売店で、正社員が6人以上でも、申請できる場合があります。

例外的な考え方

飲食店の場合本屋の場合
料理をお店で提供するのみ
➡ 商業・サービス業
本を仕入れて販売するのみ
➡ 商業・サービス業
弁当・惣菜・お土産がある
➡製造業
独自の冊子等を販売している
➡ 製造業

よくある質問

 ☑  『正社員』って何ですか?
  • 通常は、「雇用期間の定めのない、フルタイムの従業員」を指します。
  • 雇用契約書又は労働条件通知書の記載で、『雇用期間の定めがない』・『フルタイム』の両方を満たさない場合、ここでは正社員とはなりません。
 ☑  『正社員等』って何ですか?
  • そもそも正社員がいない場合、フルタイムで働いている人は、正社員とみなされる場合があります。
  • 人数制限にあたるかあたらないか不明の場合は、事務局に問い合わせて申請してよいか聞いてみるしかありません。