特設ページ 事業再構築補助金|小さい会社や個人事業主でも、計画内容次第では、最大6千万円、返済不要でもらえる可能性があります。

『収益納付』とは?

収益納付とは?

収益納付のイメージ

公表されている収益納付の例
  1. 補助金を使って購入した設備で生産した商品の販売・サービスの提供による利益(機械装置等費等が補助対象の場合)
  2. 補助金を使って構築した自社のネットショップ(買い物カゴ、決済機能の付加)の活用での販売や、他社の運営するインターネットショッピングモールでの販売による利益(広報費が補助対象の場合)
  3. 補助金を使って実施または参加する展示販売会での販売による利益(展示会等出展費等が補助対象の場合)
  4. 補助金を使って開発した商品の販売による利益(開発費等が補助対象の場合)
  5. 販売促進のための商品PRセミナーを有料で開催する場合に、参加者から徴収する参加費収入(借料等が補助対象の場合)
  6. 「買物弱者対策事業」実施のため補助金で車両を購入し、移動販売事業等での販売・サービス提供による利益(車両購入費が補助対象の場合)

よくある質問

 ☑  儲かってしまうと、補助金をもらった後で返還が必要ですか?
  • そういうわけではありません。
  • 補助金実施期間内までに直接生じた分が、補助金から減額されるのみとなります。
 ☑  チラシ等からの集客は、収益納付にあたりますか?
  • あたりません。
  • 収益との因果関係が必ずしも明確でないため、「補助金により直接生じた収益」には該当しないとされています。
 ☑  ホームページからの集客は、収益納付にあたりますか?
  • ECサイト以外はあたりません。
  • 収益との因果関係が必ずしも明確でないため、「補助金により直接生じた収益」には該当しないとされています。
  • ECサイトは、収益との因果関係が明確なので、”収益納付”の対象となります。

無料相談 仮登録

    E-mailの仮登録

    スパム対策

    仮登録の送信

    Share By SNS