持続化給付金の準備書類(法人)

注意
  • 弊社の独自の見解に基づき整理したものとなります。申請にあたりましては、必ず経済産業省が配布している公式の要領をご確認ください。
  • すぐ申請すれば良いかというと、そうでもありません。
  • 4月までの売上では満額支給に至らない場合で、5月以降、もっと売り上げが下がり、支給額が上がる可能性があるなら、支給を待った方が良い場合もございます。
  • 満額支給を目指すのか、早い支給を目指すのか、判断が必要です。
確定申告書別表一
  • 決算書類の中で、色のついたものです。
    ※色がついていない場合もございます。
  • 書類の右上を確認してください。『別表一 各事業年度の所得にかかる申告書ー内国法人の分』と書かれています。
  • 押印があることをご確認ください。
    ※オンライン申請の場合には押印はありません。
  • オンライン申請の場合には、『メール詳細』等のメール送信データをご準備ください。
メール詳細(オンライン決算の場合)
  • 税理士様から、『メール詳細』と書かれたページを受け取られているはずなので、ご確認ください。
法人事業概況説明書(表)
  • こちらも、通常色がついています。
    ※色がついていない場合もございます。
  • 書類の左上を確認してください。『法人事業概況説明書』と書かれています。
法人事業概況説明書(裏)
  • こちらの書式は白黒となります。
  • 下段の、『18月別売上高等の状況』が、『持続化給付金』における、『前年度売上』の計算基準となります。
対象月の月間事業収入が分かるもの
  • こちらは弊社のオリジナル書式となります。
  • 経理ソフト等で作成したデータがあれば、そちらで構いません。
    ※税理士さんにお問い合わせくださいませ。
  • データで入力されたものでも、手書きのものでも構わないとされていますので、もしご準備のない方は、以下をダウンロードしてご利用ください。
法人名義の振込先口座の通帳の写し
  • 紙版の通帳があれば、そちらをコピーしておきます。
  • オンラインバンクの場合には、法人名・支店名・口座の分類・口座番号が分かるページをプリントアウトします。
  • 画像が不鮮明な場合、情報が確認できない場合は、振込の手続きに進めず、給付金の支払いがされませんのでご注意ください。
補助金無料相談|24時間365日受付中