補助金を活用してお得に起業したい

補助金を活用して
お得に起業したい

1.小規模事業者持続化補助金がお得

☑ 創業すぐ申請できる補助金
  • 小規模事業者持続化補助金は、最大200万円、使った額の3分の2がキャッシュバックされる補助金です。
  • 開業届を出すだけで申請できるため、申請のハードルは非常に低いです。
  • 補助金に採択・交付決定されれば、金融機関からの融資も受けやすくなるため、初期の資金調達も楽になります。
  • 毎年採択されることができるので、毎年上手に申請して、事業をしっかり成長させましょう。
☑ 活用したい補助対象経費
  • 新しく借りるオフィス等の賃料
    →SOHO、リモート、動画配信、エステ等でも対象になります
  • ウェブ施策(ECサイト・ランディングページ等)の費用
    →Yahoo!・Googleや、SNS広告なども対象になります
  • チラシデザイン、印刷、配布(新聞折込・ポスティング)の費用
    →販促グッズの制作や配布の人件費なども対象になります
  • 備品・設備の購入費用
    →デスク・ソファ・棚・鍋・美容機器・ソフトウェア・書籍なども対象になります
  • 改装・工事費用
    →外装・内装・看板・トイレ・自動ドアなども対象になります

2.賃料補助の受け方

☑ 賃料も補助対象の補助金

既存の事務所賃料ではなく、新たな販路開拓の取り組みの一環として新たに事務所を賃借 する場合は、対象となることがあります。
※小規模事業者持続化補助金<一般型>
2022年3月22日版(p16~17)

☑ 過去の家賃の申請例
  • リモート体制構築のための新オフィス
  • 動画撮影・ライブ配信のためのマンション賃貸
  • 出張型エステからマンション型エステへの転換
  • 通販・イベントスペース型販売から店舗販売への転換
  • 倉庫兼店舗の確保 他
☑ 賃料補助のモデル
家賃(月額)補助額(月額)半年の実質負担
6万円4万円12万円
9万円6万円18万円
12万円8万円24万円

3.設備投資・システム開発をする場合

☑ 補助対象は幅広い
  • 『設備投資』といっても、大掛かりなものだけでなく、通販で購入できる数千円程度のものも補助対象です。
  • ソフトウェアの購入・開発や、書籍の購入なども補助対象になります。

よくある申請例

  • 飲食店:調理器具・冷凍冷蔵庫
  • 美容院:美容機器・給湯器・雑誌
  • 事務所:テーブル・ソファ・棚 他
☑ 主要な2つの補助金
  • 100万円以下の予算の場合、『小規模事業者持続化補助金』が手軽です。
  • 100万円以上の予算の場合、『ものづくり補助金』も狙いましょう。ただし、『小規模事業者持続化補助金』と比べたら、採択のハードルはかなり高いです。
☑ 補助金は併用可能
  • 『小規模事業者持続化補助金』と『ものづくり補助金』は、両方同時に申請できます。
  • 『ものづくり補助金』で開発して、『小規模事業者持続化補助金』で集客するようなことも可能です。
  • どちらかをメインに考えつつ、保険でもう片方を申請するようなことも可能です。
☑ 補助金選びの注意点
  • 『小規模事業者持続化補助金』における『ウェブシステムの開発』には、『予算の4分の1ルール』が適用されますので、ご注意ください。
  • 補助金を併用する場合、経費・施策内容が共通してはいけないなど、様々な制約がありますので、ご注意ください。