core20221010(保存20221031)

はじめに

私たちは、2012年ごろから活動を始めました。

当初は、様々な士業で連携して、顧客の成長を目指す形で協業していました。その後、新型コロナ禍における給付金・補助金のニーズの高まりに合わせて、補助金を適正にご案内するために、『補助金オンライン』として立ち上がりました。

コロナ禍で苦しむ小規模事業者を支えるために活動し、私たちは、何とか以下のような実績を上げることができました。

  • コロナ最初の特例補助金『小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)』では、公募初日に申請したものが、全国で2番目の受付となり、そのまま採択。大半の事業者を採択に導きました。
  • コロナ特例である『小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)』では、全顧客が一発採択、採択率100%を達成しました。
  • その他、ものづくり補助金事業再構築補助金においても、AIの活用など、難易度の高い事業計画でも、多くのお客様を採択に導きました。

私たちの思いはただ一つ。お客様が、『補助金を、手軽に、お得に、分かりやすく』使えるようにすることです。ぜひ、気軽にお問合せくださいませ。

主なサポート実績

私たちのサポート実績

 

ウェブラボ株式会社 様

弁護士 片岡邦弘 様

寿司龍 様

株式会社アルテシア 様

株式会社My不動産 様

呑み処 あはちゃ 様

 くどう健美院 様

applegreeN 様

いま狙いたい補助金

1.小規模事業者持続化補助金

子育てしながら事業をする主婦

  • サラリーマン・主婦・配達員・YouTuberなども活用する補助金
  • 補助上限:200万円
  • 補助率:3分の2 ~ 4分の3
  • 電子申請 / 郵送申請
  • 売上が上がっていても申請OK
  • 個人事業主でもOK
  • オフィスの家賃や物の購入、人件費、改装費、ウェブ・広告など、幅広く補助対象

もっと詳しく

2.事業再構築補助金

  • 売上減少した店舗・会社のための補助金
  • 補助上限:1.5億円
  • 補助率:3分の1 ~ 4分の3
  • 電子申請のみ
  • コロナで売上減少した事業者が対象
  • 個人事業主でもOK
  • 改装費、物の購入、ウェブ・広告などが補助対象

もっと詳しく

3.ものづくり補助金

  • コロナ前から募集されている定番補助金
  • 補助上限:3000万円
  • 補助率:2分の1 ~ 3分の2
  • 電子申請のみ
  • 売上が上がっていても申請OK
  • 個人事業主でもOK
  • 設備投資・システム開発などが補助対象

もっと詳しく

『小規模事業者持続化補助金』
が手軽でお得

1.他の補助金よりも、申請条件がかなり緩い
  • 開業届を出すだけで申請可
  • 売上が下がっていなくても申請OK
  • 給付金をもらっていても申請・併給OK
  • 毎年申請可、何回でも受給OK
2.この補助金なら、在宅副業などでも採択される
  • YouTuber、ライバー、配達員でも申請可
  • ハンドメイドの販売やセドリなどでも申請可
  • 主婦・サラリーマン・フリーター等の副業でも申請可
3.この補助金は、補助対象が広い
  • 店舗だけでなく、リモート・配信用のマンション、撮影用のレンタルスペース、在庫保存用の倉庫などの賃料も補助対象になります。
  • 以下の表のように、集客につながる物なら、かなり幅広く補助対象になります。
  • 今実施していない事業でも大丈夫。新分野にチャレンジするための補助金活用もOKです。

事務所系:デスク・テーブル・ソファ・パーティション・書類棚・ソフトウェアなど 飲食系:冷凍冷蔵庫・コールドテーブル・グリル・低温調理器・鍋などの調理器具など 美容系:シャンプー台・美容機器・脱毛器・給湯器・マネキン・カット見本・雑誌など その他:ショーケース・LED・自動ドア・シャワートイレ・空気清浄機など

4.この補助金なら、創業時の資金調達にも活用可能
  • 補助金に採択された場合、以下のように、金融機関等から早期に、補助金用の資金調達ができる可能性があります。
  • 補助金分の金額の融資を受け、補助金が入金された時に返済する契約形態があります。事実上、補助金の先払いを受けた状態が作れます。

補助金採択→計画書修正・書類追加→交付決定→銀行融資|採択から交付決定まで1か月程度|採択から融資まで最短2週間程度

補助金申請の初歩の初歩

1.最近の補助金には、公的電子申請アカウントが必須

『電子申請アカウント』とは、補助金の電子申請等に用いる、公的なアカウントのことです。正式には、『gBizID』といいます。取得は無料ですが、取得に少し時間がかかります。早く登録し、必要書類を郵送して、アカウントを早く取得するようにしましょう。

2.補助金申請の第一歩は、公募要領のチェックから

申請に当たって、何か困ったら、必ず『公募要領』に戻って確認します。募集回によって変更がある場合もありますので、必ず申請回の公募要領を見るようにしましょう。

3.補助金と給付金の違いを理解しよう

給付金は、申請対象になっていれば、必ずもらえるものです。一方の補助金は、申請対象でも、必ずもらえるとは限りません。『採択』された事業者だけがもらえる、特権的な性質があります。

また、採択されたらすぐもらえるものでもありません。経費を使い、それを集計し、報告して、やっと補助金は入金になります。申請から入金まで、長い場合には1年半以上かかります。