各補助金の審査基準

各補助金の審査基準

審査基準_202110月版

2021年10月版

審査基準_20221月版

2022年1月版

審査基準_202112月版

2021年12月版

審査基準_202110月版

2021年10月版

よくある質問

テンプレートのようなものはありません。また、会社によって、事業概要も、沿革も、取組内容も異なります。テンプレートにあてはめるような作り方は、避けた方が良いです。

原則として、書式は自由です。ただし、枚数制限は遵守しなければなりません。また、フォントやファイル名に指定がある場合があります。それらは気を付けなければなりません。

審査基準は、重要な加点内容ですから、基本的には全部書くようにします。

ただ、「〇〇を書けば採択される」というような裏技のようなものはありません。そのため、書くとしても中身がなかったり、字数稼ぎのようになってしまうような項目は、省いても良いでしょう。

書くべきです。ただし、中身のない字数稼ぎはやめましょう。

事業計画書のプロは、枚数制限の倍の枚数ぐらい、すぐ作れてしまいます。そこから、有効な情報を残し、洗練させ、申請しています。

それに対抗するという観点で、枚数制限に大幅に満たないような分量の説明では、物足りない場合が多いはずです。