core-20220324x

募集中の定番補助金

最大200万円

小規模事業者持続化補助金

  • 各種開業準備
  • ホームページ・ECサイトの制作
  • 動画撮影・配信ルームの設置
  • 店舗・オフィスの改装
  • ソフトウェアや業務機器等の購入
  • 臨時アルバイト等の雇用
  • 書籍の購入 他
最大3000万円

ものづくり補助金

  • システム等の開発
  • 新製品・サービスの開発・実験
  • 設備投資 他
最大1億円

事業再構築補助金

  • 店舗による通販の開始
  • 店舗による商材の変更
  • 新分野への進出・業種等の転換 他

補助金ってどういうもの?

原則返済不要

補助金は、融資などと違って、原則返済不要です。

給付金とは異なる

給付金は、申請して、書類に不備がなければ必ずもらえます。しかし補助金は、申請した内容が優れている事業者しかもらえない、特権的なものです。

売上がアップしていてもOK

『事業再構築補助金』では、『売上減少』が要件になっていますが、それ以外の多くの『補助金』では、『売上アップ』している場合でも、申請・受給可能です。

個人でも申請OK

主婦やフリーターでも申請可能。副業のような内容や、実験的な内容でも、採択されています。

キャッシュバック型

家賃でも、HP制作費でも、広告費でも。お金を使って、それが後から返ってくる、キャッシュバック型となっています。

入金まで時間がかかる

『キャッシュバック型』になっているため、補助金が入金されるまでには、長い時には1年半かかります。

よくある質問

補助金についてのよくある質問

元手となる資金がありません!

補助金に採択された後、融資などを活用して資金調達すれば、事実上、補助金を先にもらった状態を作れます。

その資金調達方法は、合法ですか?

もちろん合法です。政府や東京都などは、補助金を活用した資金調達を、積極的に推進しています。

補助金を申請する流れ

  • 1122385_s
    1.開業届・法人登記を準備する
    個人の方は、開業届を出してください。名前と住所と、簡単な内容を書くだけの書類なので、5分程度で完成します。法人で申請したい方は、会社を設立した後で申請することになります。
  • 4108779_s
    2.電子申請用アカウントを取得する
    現在、ほとんどの補助金は、『gBizIDプライム』という、公式なアカウントを作成し、そのアカウントで申請します。取得に2週間程度かかりますから、早めに申請してしまいましょう。
  • 5149044_s
    3.応募要領を見て、経費計画を立てる
    『補助金ってどういうもの?』でも説明したように、『補助金』は『キャッシュバック型』です。どういう経費で申請するか、まずはそれを練る必要があります。
  • 5173478_s
    4.事業計画書を作成する
    経費が決まったら、次に、「その経費がどう役に立つのか」といった計画書を作成します。これは簡単な書類ではないので、ぜひ弊社などにご相談ください。
  • 4699822_s
    5.支援機関の書類をもらう
    計画書が完成したら、それを、商工会議所などで、申請前のチェックをしてもらいます。チェックが終わったら、申請に必要な書類をもらうことができます。(支援機関等のチェックが不要な補助金もあります)
  • 3321668_s
    6.電子申請にて申請する
    支援機関の書類をもらったら、あとは電子申請するだけです。必要事項を記入して、早めに申請してしまいましょう。

申請に必須の書類

  • 2632049
    法人の場合
    決算書のうち、貸借対照表・損益計算書が必須書類となります。決算期を迎えていない場合、添付が不要な場合もあります。
  • 22014665
    個人の場合
    『確定申告書(別表一など数枚でOK)』が必要です。まだ確定申告に至っていない創業間もない方は、代わりに『開業届』を出します。

私たちにご相談ください

サポート実績