低感採択率100%の実力をお試しください|第1回~第6回(全6回)の 小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)にて、 全てのお客様が 一発採択 されました。 採択されたお客様、本当におめでとうございます。

事業再構築補助金
申請のポイント

計画申請の流れ
  • 計画書を作る。
  • 金融機関・商工会議所などで、『認定支援企画確認書』をもらう。
  • 電子申請で申請する。
    ※電子申請必須となっているため注意
     →参考記事
補助対象経費
  • 事務所・店舗など建設・改修費用
    ※スケルトン化・賃借料等も一部可
  • 機械・装置・工具・器具等の購入
    ※設置工事等もOK
  • 専用ソフトウェア・情報システムの購入・構築
  • 知的財産権の取得費用
  • 試作品等の原材料費
  • 広告宣伝費用・研修費用 他
補助金の特徴
  • 複数回採択可
  • コロナ禍に特例的にスタートした補助金
  • 既存事業からの新分野への展開等が必須
  • 各種審査は厳しめ
申請上の注意
  • 実績報告におけるルールが多く、大変なので、計画時から把握して申請するべき。
  • 採択後、見積もり等を取得して、交付申請を改めて実施する必要があり、すぐには実施できないため要注意。
    ※申請締切から事業開始まで半年程度かかったケースも
よくある質問
  • 手軽にもらえますか?
    →特例的な補助金なので、通常の補助金よりも審査・確認はかなり厳しいため、必要な書類も多く、全く手軽ではありません。
  • 最大いくらぐらいもらえますか?
    →制度上は1億円ですが、例えば、従業員数20人以下の会社では、2千万円が上限となっています。
  • パソコン・iPhone等は買えますか?
    →対象外です
  • プリンタ・複合機等は買えますか?
    →一般事務用の物は対象外ですが、3DプリンターなどはOKです
  • 開発スタッフの人件費・報酬は対象になりますか?
    →自社で雇用している方の人件費は対象外ですが、外部人材については外注費として対象となる場合があります。

無料相談 申込み

低感採択率100%の実力をお試しください|第1回~第6回(全6回)の 小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)にて、 全てのお客様が 一発採択 されました。 採択されたお客様、本当におめでとうございます。

    E-mailの仮登録

    スパム対策


    ヒント:ある虫の名前と同じです