09.私たちのサポート実績(保存20220314)

私たちの実力

『小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)』では、以下のように、2020年5月に公募開始後、全国2番目に申請し、採択されました。

『一般型』では、2期連続(令和元年分、令和2年第1回発表分)採択率100%を達成しました。その他、全国採択率3割程度の回で、8割以上の採択率を達成など、豊富な実績を有しております。

  • 『ものづくり補助金』では、採択率38%だった平成29年度補正第二次でも、全てのお客様が採択されております。
  • 『事業承継補助金』では、申請を完了された全てのお客様が採択に至っております。
  • 『事業再構築補助金』でも、申請を完了されたお客様につきましては、高い採択率を誇っております。

私たちは、計画書を、ヒアリングから最短2日程度で第1稿をお渡ししています。『事業再構築補助金』でも可能です。「雑に作った事業計画書なんじゃないか」って?ご安心ください。よほど難しい事業内容でなければ、この段階でも十分レベルの高い計画書に仕上がっています。

某税理士法人

ここまで緻密な事業計画書は、うちの職員には作れません。

『事業再構築補助金』の計画書作成において、お客様の認定支援機関である税理士法人の担当者から、このような言葉を頂きました。

某金融機関

計画書作りに困っているお客様がいるので、計画書の作成、お願いできませんか?

弊社やお客様の取引のある金融機関担当者から、このように評価頂き、お客様を紹介頂いています。

某中小企業診断士・行政書士

顧問契約不要ですし、報酬はもっと高くていいんじゃないですか?

ある案件で交流のあった、2資格で活動されているコンサルタントさんから、このようにおっしゃって頂きました。弊社は、プロフェッショナルとしての報酬は頂戴しますが、伸び盛りの中小企業支援という観点から、現状より値上げをする気もございません。

『平均CPC』の意味

上の画像は、『Yahoo!広告』の管理画面です。『平均CPC』の欄に、『1』と書かれていますね。これは、『CPC1円(1クリック1円)』ということです。

この表の見方は、弊社の広告が、合計6083クリックされていて、それに対して、6083円の課金がされた、広告費を払ったというように読みます。

『平均CPC』が下がると広告費が下がる

つまり、安く集客したければ、『平均CPC』を下げればよいのです。

  • 1クリック1円
    →1万クリックで1万円の広告費
  • 1クリック30円
    →1万クリックで30万円の広告費

広告費は、こんなにも違ってしまうのです。なお、『1クリック単価』の相場は、20~100円。『1クリック1円』の凄さが、お分かり頂けるのではないでしょうか。

どうしたら『平均CPC』が安くなるのか

『平均CPC』を決めるのは、AIです。他社のホームページと比較して、より品質の高いホームページの単価を下げてくれます。

つまり、AIが私たちのホームページを診断し、1円で広告を出させてくれているのです。1円より安くなることはありません。だから弊社は、『日本一』を名乗っても嘘にはなりません。

お客様のプロジェクトにおいても

補助金の採択に向けても、実施に向けても、マーケティングは重要です。というよりも、あらゆる事業で、集客が一番重要です。

『補助金計画書』は、机上の空論では採択されません。どんなウェブ集客をするか、どんな地域集客をするか、丁寧に考えて、実現性の高い計画に仕上げなければなりません。

私たちの『日本一』の実力、ご確認ください。相談・提案は無料です。

サポート実績

『ウェブ制作』等の検索結果で、なんと1ページ目の上位に掲載されるほどの、超実力派の会社です。「思い切ったウェブ施策をしてみたい」というご相談で、小規模事業者持続化補助金を活用しました。ランディングページの作成とリスティング広告を実施、思い切った予算の使い方ができました。さらにその後、ものづくり補助金で[AIの活用]の採択もサポートさせて頂きました。現在、大阪に支店を展開。拡大はまだまだ続きます。

東京・練馬駅から少し離れた立地のこちらのお店。店主の気さくな人柄で、ランチも夜もいつも満席。コロナ禍に、店内の空調を改善するために、『小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)』を申請。無事一発採択・支給に至りました。

JR山手線 大塚駅にある『呑み食い処 あはちゃ』。コロナ禍の営業自粛を経て、予約中心・訪問調理等の業態に転換されました。各補助金・給付金も活用する中、集客に関しては『小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)』を申請。『動画を活用した料理講座の実施と訪問調理の集客』という計画で採択されました。

以前には、東京都労働委員会などにもいた、実績十分の弁護士さんです。2019年、様々な事業所で、『外国人技能実習』に関するトラブルが相次ぎました。そのような事態から企業も従業員も救うために、制度の正しい活用法などを啓蒙すべく、2020年、小規模事業者持続化補助金を申請されました。無事に採択。補助金を活用してウェブサイトを作成されます。

片岡邦弘

世田谷区梅丘にて、O脚矯正やデトックスにこだわって活動されている工藤様。2021年12月、3期連続の採択、おめでとうございます。若い方から高齢者まで、多くのファンがいらっしゃいます。毎年、様々な企画を立て、補助金を活用しながら様々なお客様にサービスをご提案されています。

西新宿、代々木、初台エリアを中心に、仲介・管理・販売など、不動産関係について幅広くサービスを提供している会社です。令和2年度の『コロナ特別対応型』において、『オンライン接客の導入とお客様の声の充実』という計画で採択されました。

my不動産

京浜東北線・川口エリアの人気店です。「人やサービスをもっとアピールしたい」というご相談でした。小規模事業者持続化補助金を3回活用。2018年から3年連続での採択となります。

楽天などで、北欧デザインのポスターや生地を販売する人気店です。「補助金を使って受注体制を拡大したい」というご相談でした。小規模事業者持続化補助金を活用。補助金の採択に合わせて、さっそく2名雇用。約4か月分の人件費を申請しました。受注体制が安定したら、次は生産量の拡大です。本年以降のものづくり補助金の申請も視野に入れています。

Share By SNS

補助金 無料相談

    E-mailの仮登録


    スパム対策

    ヒント:ある虫の名前と同じです