ココナラ(保存20220124)

御社の採択率、高めます|添削2000円 / 計画書作成9000円~|小規模事業者持続化補助金(最大100万円)|ものづくり補助金(最大3000万円)|事業再構築補助金(最大1億円)

はじめに

法律にも、ウェブ・広告にも。
 総務・経理・人事にも、
技術にも、オペレーションにも。

全部の領域で、トップレベルで、
責任者として活動してきた人は、
そう多くはないはずです。

必ずお力になれると思います。

無料相談

ココナラのメッセージ機能より、
気軽にご相談ください。
相談だけなら無料です。

~事業計画書の作り方が分からない~
~補助金に申請したけど、落ちてしまった~
~今回はどうしても通したい~

私の実績

  • 自分の会社は4年連続補助金採択(2社経営)
    • コロナ特別対応型、全国で2番目に申請し採択
    • 金融機関からも計画書作成の依頼あり
    • 事業再構築補助金、ものづくり補助金、低感染リスク型等でも、高い採択率を維持
  • 大手広告代理店のPJにて、数多くの企画立案
  • 経営コンサルティング会社の新規事業(海外)にて、PMとして海外赴任
  • 2つの大手社会保険労務士法人にて、補助金・助成金・就業規則の責任者
  • 大企業のウェブリニューアルを企画し、内定辞退ゼロを実現 他

サービスの内容

  • 添削は最短1時間程度、作成も最短翌々日には納品可能です。
  • 添削サービスの大半は、気になった点を指摘するだけですが、弊社のサービスでは、改善案をしっかりお伝え致します。

こんな計画書に注意

1.審査基準をよく読んでいない計画書

書店で売られている事業計画書の本に則って書かれている計画書を、 よく見かけます。残念ながら、これらの本は、融資を受ける場合の本なので、 補助金の申請では役に立ちません。

2.税理士・中小企業診断士の計画書

自分で事業をしたことのある人が少ないため、 集客・オペレーション・技術要素の甘い計画書になりがちです。

3.広告会社・ウェブ制作会社・コンサルティング会社等の計画書

自分で事業をしたことのある人が少ないため、 記載がコンセプトに偏りがちです。 理想論中心で、実際のオペレーションなどに弱い傾向にあります。

4.SWOT分析が雑な計画書

「SWOT分析なんて、役に立たない」 そう思っていませんか?実は、私もそう思っています。 しかし、書面でしかアピールできない以上、 自社分析・競合分析等はとても重要です。

5.消極的な計画書

補助金の審査では、補助金を使った後の費用対効果が重視されます。 謙虚で、現実的な売上目標よりも、 実現性のある魅力的な計画の方が採択されやすいです。