計画書の作り方|計画書作成の基礎知識

補助金計画書の作り方

計画書作成の基礎知識

補助対象になる経費の確認
  • 『小規模事業者持続化補助金』では、『事務所の家賃』が補助対象になる場合があります。
  • 『事業再構築補助金』では、『人件費』は補助対象にならないことが明記されています。
  • その他、補助金によって補助対象が異なりますので、丁寧にチェックする必要があります。

審査基準の確認
  • 『事業再構築補助金』では、『再構築の必要性・適切性』等が重視されています。
  • 『ものづくり補助金』では、『取組内容の革新性』等が重視されています。
  • 審査基準をきちんと確認して、全部もしくは大半の要求にこたえられる内容になっているか、丁寧に確認しましょう。

取組みの骨子を組み立てる
  • 『事業再構築補助金』では、『新分野への展開』など、4種類の取り組みから選択し、それに合わせて組み立てます。
  • 『小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)』では、『低感染リスクの新規事業』でなければ、補助されません。
  • 補助対象になる取組みでなければ、どんなに頑張って計画を作って採択されません。要項を読んで、丁寧に組み立てましょう。
ウェブ集客にも補助金が出ます

集客策を組み立てる
  • どの補助金でも、その取り組み内容を実現するために、どのようなマーケティングを実施するか、説明する必要があります。
  • ウェブで、あるいは地域で、どのような集客をするか、網羅的に検討し、優先順位を決めましょう。
  • 競合分析も重要です。単価、集客方法などをしっかり分析し、負けない集客策でなければ、説得力がありません。

多くの人が「苦手だから」「よく分からないから」「集客は心配していないから」という理由で、『ウェブ集客』の記載をおろそかにしがちです。

しかし、スマホが十分に普及した現代。『ウェブ集客』を無視したビジネスなど、BtoBにもBtoCにもないはずです。『ウェブ集客』の検討がおろそかな事業計画では、説得力が弱いです。

その他のチェックポイント
  • 『事業再構築補助金』・『小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)』などは、電子申請が必須となっています。アカウントの作成に1か月程度かかる場合もあるので、早めに準備する必要があります。
  • 『事業再構築補助金』は15枚以内、『小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)』は5枚以内など、事業計画書・添付書類の枚数に限定がある場合があります。きちんと確認しておかなければなりません。