事業再構築補助金|計画書の作り方

2021年 最新版|定番補助金 計画書作成ガイド|無料相談 実施中

事業再構築補助金

本補助金の申請基礎
  • 本補助金の計画は、電子申請『GビズIDプライム』からの申請が必須となっています。
  • 本補助金の申請には、認定支援機関・金融機関等のチェックが必須となっています。
  • 本補助金の計画は、A4・15枚以内で作成する必要があります。

補助対象経費を確認する
  • 本補助金では、『人件費』が補助対象にならないことが、明記されています。
  • 『建物費』といった、事業場所の整備については、比較的手厚い補助となりそうです。
  • 計画予算の妥当性も計画審査の対象です。丁寧に積算しましょう。

審査基準の確認
  • 新規事業の実現性を数値で説明しなければなりません(事業化点)。
  • 新規事業の必要性・必然性を説得しなければなりません(再構築点)。
  • 地方創生や雇用創出他、国の重点施策等は優遇(政策点)。

取組みの骨子を組み立てる
  • 本補助金では、『業態転換』を行う場合以外は、『新製品等の開発』をしなければ、補助対象になりません。
  •  本補助金では、『新市場への進出』を伴わない、単なる『設備投資』『事業の拡大』は、補助対象になりません。
  • 5つの基本となるコースから、どのような開発をするか選んで計画を立てます。
ウェブ集客にも補助金が出ます

集客策を組み立てる
  • 本補助金の集客策は、他の補助金に比べて、高度な分析が要求されます。
  • 新規事業として、顧客単価・回転率・利益率等、どうして実現可能なのか、多角的な考察が必要です。
  • 想定する集客策に失敗した場合、どのようにリカバリーするのか。しっかり検討しておきましょう。