ものづくり補助金|計画書の作り方

本補助金の申請基礎
  • 本補助金の計画は、電子申請『GビズIDプライム』からの申請が必須となっています。
  • 以前は、認定支援機関のチェックが必須でしたが、今は必要ありません。
  • 本補助金の計画は、A4・10枚程度で作成する必要があります。
補助対象経費を確認する
  • 『一般型』では、機械装置費・外注費・原材料費等が補助対象になります。
  • 『グローバル展開型』では、海外旅費も対象となります。
  • 『低感染リスク型』では、広告宣伝・販売促進費も対象となります。
審査基準の確認
  • 新規事業の実現性を数値で説明しなければなりません(事業化点)。
  • 新規事業の必要性・必然性を説得しなければなりません(再構築点)。
  • 地方創生や雇用創出他、国の重点施策等は優遇(政策点)。
取組みの骨子を組み立てる
  • 『補助事業の具体的取り組み内容』と『将来の展望』に分けて組み立てます。
  • 審査基準の内容に、全てこたえられるよう、1つ1つチェックしながら組み立てましょう。

Share By SNS

    E-mailの仮登録

    スパム対策


    ヒント:ある虫の名前と同じです

    仮登録の送信