小規模事業者持続化補助金|計画書の作り方|一般型・低感染ビジネス型共通

2021年 最新版|定番補助金 計画書作成ガイド|無料相談 実施中

小規模事業者持続化補助金

本補助金の申請基礎
  • 『一般型』と『低感染リスク型』は、申請方法に多少の違いがあります。
一般型低感染リスク型
郵送申請又は電子申請電子申請のみ
計画8枚まで計画5枚まで
支援計画書 必須支援計画書 不要

※支援計画書は、地域の商工会議所・商工会が作る書類です。

補助対象経費を確認する
  • 補助内容等によっては、事務所等の家賃が補助対象になる場合があります。
  • 書籍などの資料代などが補助対象になります。
  •  年によって、あるいは計画内容によって、対象になる場合とならない場合があるため、事務局に確認しながら計画を作る必要があります。
WEB系ホームページ制作|ランディングページ制作|バナー制作|クリック広告費 他
集客系新聞折込|ポスティング|DM|ノベルティ制作 他
改装系外壁工事|内装工事|空調工事|看板工事|自動ドア工事 他
人材系人件費(パート・アルバイト・契約社員)|外注費|業務委託費|調査費 他
飲食系食器|調理器具|冷凍冷蔵庫|食洗器|ピザ窯|ワインセラー|製麺機|製パン機|かき氷機|グリル|プロジェクタ 他
美容系脱毛器|パーマ固定器|シャンプー台|給湯器|カット見本|カタログ・雑誌|モデル代 他
オフィス系エアコン購入|空調機購入|ソファ・チェア購入|ソフトウェア購入|LEDライト設置|パーティション設置 他

審査基準の確認
  • 以下の経営状況等について記載します。
    • 自社の経営状況分析の妥当性
    • 経営方針・目標と今後のプランの適切性
  • 以下の補助事業の内容について記載します。
    • 補助事業計画の有効性
    • 積算の透明・適切性

取組みの骨子を組み立てる
  • 『経営計画書』には、以下の内容を書きます。
    • 企業概要や、商品・サービスの強みなど
    • 顧客ニーズと市場の動向など
    • 経営方針・目標と今後のプランなど
  • 『補助事業計画書』には、以下の内容を書きます。
    • 販路開拓等の取組内容一式
    • 補助事業の効果
  • 経営計画書の概要
  • 補助事業計画書の概要
1.企業概要
  • 今回申請する事業の全体像や、立地、従業員の勤務状況などを記載します。
  • 売れ筋3商材や、年間・週間の売り上げ状況、顧客の傾向などを記載します。
  • 現在の経営課題を記載します。
2.顧客ニーズと市場の動向
  • 現在の市場の全体像と、所属しているエリアなどにおけるポジショニング・集客のトレンドなどを記載します。
  • 現在の競合やベンチマーク企業の状況を記載します。
  • どういう取り組みが望ましいか記載します。
3.商品・サービスの強み
  • 商品・サービスの特徴を2~3つ記載します。
  • 強みをどのように活かすのが良さそうか記載します。
4.経営方針・目標と今後のプラン
  • これまでの売上・経営の概況と中長期の目標を記載します。
  • 取り組みの方針や市場へのアプローチを記載します。
販路開拓等の取組内容
  • ウェブ集客の方針について記載します。
  • エリアマーケティング(新聞折込・ポスティング)なども盛り込みます。
  • その他、ノベルティによる集客促進などについて盛り込みます。
補助事業の効果
  • 個々の取り組みの予算の根拠や、それによる効果の試算などを記載します。
  • 補助金を使うことによる費用対効果の高さを説明します。