2.補助金活用のメリット

2.補助金活用のメリット

1.ホームページのランクアップ

 予算15万円予算40万円予算100万円
SAMPLE15万円の予算をかける場合40万円の予算をかける場合100万円の予算をかける場合
枠組みWordPressWordPressサイト職人
(オリジナル)
SEOSEO 普通SEO 普通SEO 良
デザインテキスト中心成約ありセミオーダーメイド
メリット安くチャレンジ安く全部揃う集客に強い
視点
  • 安い予算のものでも、もちろん補助金が返ってきます。
  • 中小企業は、補助金が使える時ではなければ、予算100万円のホームページの入手は難しいのが現実です。
  • ウェブ集客を考えるなら、補助金が使える時こそ、ホームページにお金をかけておきたいところです。

2.問い合わせを増価させる策

 CPC広告新聞折込等街頭集客
施策Google広告
Yahoo!広告
新聞折込
ポスティング
ティッシュ配布
チラシ配布 他
実施単価1クリック 10~200円1枚7円程度主に人件費
想定効果成約率 1%成約率 0.1%成約率 1~10%
メリット持続しやすい一気の集客高い成約率
デメリット1クリック単価次第複数回必須時間効率
視点
  • 「何が機能するのか」「どれくらいの予算が最適なのか」は、実施してみなければ分かりません。
  • 補助金があれば、3分の2以上の実施費用がキャッシュバックされる可能性があります。
  • 補助金がある時に、いろいろ取り組んでみるのがベストです。

3.成約率をアップさせる策

 割引告知イベント告知無料配布
イメージイベント・抽選会今なら
実施内容チラシで割引イベントで体験等先着〇名プレゼント
メリット即効性幅広い告知効果即効性
デメリット原価負担準備検品・管理
視点
  • チラシ作成、配布、人件費、ノベルティの調達費など、幅広く補助金の対象となるので、告知から実施まで、ハードルはとても低いです。
  • 補助金の補助対象になるように、上手に調整・実施しなければ、補助金の対象外になってしまいます。そこには気を付けなければなりません。

よくある質問

 ☑  ホームページ制作費で補助金予算が終わってしまいます
  • それは、しょうがありません。むしろ、「補助金の実施報告が楽だ」と、前向きにとらえましょう。
  • 追加の集客施策は、翌年の補助金申請で実施してみましょう。
 ☑  ノベルティは何でもOKですか?
  • 広告文などが入ったものでなければ、補助対象になりません。
  • 補助金事務局に相談しながら、効果が最大になるようなノベルティ、見込顧客が「ぜひ欲しい!」と思うようなノベルティを企画しましょう。