(公式)計画書の作成例|小規模事業者持続化補助金

はじめに

私たちは、2012年ごろから活動を始めました。

当初は、様々な士業で連携して、顧客の成長を目指す形で協業していました。その後、新型コロナ禍における給付金・補助金のニーズの高まりに合わせて、補助金を適正にご案内するために、『補助金オンライン』として立ち上がりました。

コロナ禍で苦しむ小規模事業者を支えるために活動し、私たちは、何とか以下のような実績を上げることができました。

  • コロナ最初の特例補助金『小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)』では、公募初日に申請したものが、全国で2番目の受付となり、そのまま採択。大半の事業者を採択に導きました。
  • コロナ特例である『小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型)』では、全顧客が一発採択、採択率100%を達成しました。
  • その他、ものづくり補助金事業再構築補助金においても、AIの活用など、難易度の高い事業計画でも、多くのお客様を採択に導きました。

私たちの思いはただ一つ。お客様が、『補助金を、手軽に、お得に、分かりやすく』使えるようにすることです。ぜひ、気軽にお問合せくださいませ。

主なサポート実績

私たちのサポート実績

 

ウェブラボ株式会社 様

弁護士 片岡邦弘 様

寿司龍 様

株式会社アルテシア 様

株式会社My不動産 様

呑み処 あはちゃ 様

 くどう健美院 様

applegreeN 様

補助金計画書の公式作成例
小規模事業者持続化補助金

1.公表されているサンプル

2.よくある質問

☑ サンプルを真似して作ればよいですか?

公表されているサンプルは、必要な項目を紹介してくれているだけの内容になっています。多くの事業者は、遥かに細かい内容をしっかり記載しています。そのため、実際にサンプル程度の記載では、採択されません。『事業再構築補助金』の計画書なども参照しながら、練った計画書を作成しなければなりません。

☑ 経費の予算は適当で良いですか?

戦略的に予算を組むことをお勧めします。雑に予算を組んでしまうと、『見積り』を取り直して、思った以上に大きい額になった場合に困ってしまいます。

採択・交付決定後の増額は、原則として認められません。そのような事態を回避するための策としては、個々の予算を大きく組んでおくことしかありません。