特設ページ 事業再構築補助金|小さい会社や個人事業主でも、計画内容次第では、最大6千万円、返済不要でもらえる可能性があります。

自力で申請する方向け

計画書に書く内容

Customer
(市場・顧客)
  • どのような市場か
  • 市場は今後、どのように成長するか
  • どのような顧客を狙っていくか
  • 市場の中でどのようなメリット・優位性をアピールするか
Competitor
(競争環境)
  • 大手はどのような取り組みをしているか
  • 同レベルの競合はどのような取り組みをしているか
  • 競合環境の中で、どういう優位性を活かして生き残るか

Company
(自社)

  • 自社の強み・弱みや経営上の課題は何か
  • どうしたら強みを活かし、弱みを克服できるか
  • 現在活用できるリソースは何か
  • 今後、どのように経営していくべきか

 

市場に通用する施策を考える

どんなに良いものを提供しても、もっと良い商品やサービスが存在したら、そちらの方が安かったら、その事業は成功しません。市場規模、つまり、どの程度の顧客が存在し、どの程度売れる見込みなのかをきちんと把握できていますか。市場の成長性や特性も含めて、丁寧に検討されていない補助金計画書は、採択されません。

正確な顧客の把握で施策につなげる

どのようなコンセプトで、どのような顧客に提供しますか。商品・サービスの良さを、どのように伝えますか。その顧客はどうして、他社の商品やサービスではなく、御社の商品やサービスを購入してくれるのですか。こういった、ターゲットや集客構造が明確なほど、実現可能性が高いため、補助金計画書は通りやすいです。

競合分析を通した強みの把握

近隣には、どのような競合環境があるでしょうか。大手は、中小は、似たようなコンセプトの競合は。この競争の中で生き残っていかなければなりません。同じ技術・製品・サービスでも、地域や競争相手が異なれば、取るべき策は変わってきます。何が強みになるか、何が弱みになるか、強みをどう活かすかを分析するためには、競合分析が必須です。

ウェブを無視した施策の価値

競争環境は、近隣だけではありません。ウェブ上の競合は、どのようなウェブ施策を講じているでしょうか。補助金で取り組む商品やサービスについて、より効率よく顧客にアプローチし、早期に収益化するためには、『ウェブ集客が役に立つか』『ウェブをどう活用するか』などの内容の検討は必須です。

各種補助金の審査基準