core20211005

主要補助金の比較表

 

補助金の基礎知識

給付金とは全く異なるので注意|HP・設備が安く手に入るためお得|融資を受けやすくなるのでお得|毎年もらえる可能性がありお得

『補助金』は、『給付金とは異なります。『通ればもらえるお金ではありません。

  • 計画書作成が大変
  • 入金は経費のキャッシュバック形式

この2つをしっかり理解しなければなりません。ただし、『原則返済不要のお得な資金調達』であることは間違いありません。仕組みをきちんと理解し、上手にお得な資金調達をしましょう。

補助金申請の準備

GビズIDプライムを取得する|申請要件を確認する|どんな経費で申請するか決める|計画書を上手に作る
  • 補助金の申請を少しでも考えているなら、『GビズIDプライム』は、1日でも早く取得しましょう。取得が1日遅れるだけで、申請できない場合もあります。
  • 補助金を見かけたら、『申請要件』を確認してみましょう。自社が要件に合致しているのに、申請しないのは、単純にもったいないです。
  • 補助金は、『経費のキャッシュバック』です。まずは、どんな経費で申請したいかを考えます。
  • 補助金は、申請すれば必ず通るものではありません。他社より、競合より、良い『計画書』を作って、『採択』されなければなりません。

補助金経費の組み立て方

事前に証拠書類をチェック|中心に組む経費は3種類|経費の金額は余裕をもって大きめに|収益納付・圧縮記帳などのルールに注意
  • 事前に実績報告時の証拠書類をチェックしておきましょう。以下のような理由で、予算にあえて組み込まなかったり、翌年の申請に回すような場合が多々あります。
    • 証拠書類が準備できない
    • 手間を考えると割に合わない 他
  • 実績報告が比較的簡単なのは、以下の3種類です。補助金は、これらを中心に活用しましょう。
    • 機械・装置等の購入費用
    • ウェブ制作・チラシ制作・新聞折込・ポスティングなどの集客関連費用
    • 外装工事・内装工事・看板工事など、工事関連の外注費用
  • ある費目の金額が、計画よりもかかってしまった場合、計画した金額しか補助対象にならない場合があります。そのため、予算はおかしくない範囲で大きめに組んでおく必要があります。
  • 補助金には、『収益納付』『圧縮記帳』といった、課税の関係などから発生する独特のルールがあります。後から処理するのは簡単ではない場合があります。事前に税理士に相談しておきましょう。

補助金計画書の作り方

補助金計画書の作り方_20210930 (2)

補助金ごとに、どのような計画なら採択されるのか、しっかりチェックしましょう。他社の計画書の水準を知っていて作るのと、知らずに作るのとでは、採択率が全く異なってしまいます。

関連記事

主な補助金のFAQ